8月 9月の新刊

〔図書名〕 〔対象・著者〕 内  容
8月新刊 <あの絵>の前で 原田 マハ 人生の脇道に佇む人々が<あの絵>と出会い再び歩き出す姿を描く。珠玉の6編。
猫を棄てる 村上 春樹 ある夏の日僕は父と猫を海に棄てにいった。このことはいつか書かなくてはと…
逆ソクラテス 伊坂幸太郎 全ての主人公が小学生という初の試みの短編集。前向きになれる作品
流人道中記(上・下) 浅田 次郎 切腹を拒み流罪となった旗本。弱者を見捨てぬ振る舞いは誇り高き武士そのもの
カケラ 湊  かなえ あの子は死んだ。大量のドーナツに囲まれて。少女の悲劇を描く慟哭のミステリー
カレンの台所 滝沢 カレン 手順も分量もないレシピ本。魔法の言葉で食材とお喋りする不思議な世界へ
カエルの楽園2020 百田 尚樹 2016「カエルの楽園」の続編としての寓話。コロナ禍の日本に問う3つの結末!
9月新刊 一人称単数 村上 春樹 6年ぶりとなる短篇小説集。収録作は8作。「石のまくらに」「クリーム」「謝肉祭」他
きたきた捕物帖 宮部みゆき 謎解き、怪異、人情が味わえて著者が生涯書き続けたいという捕物帖
首里の馬 高山羽根子 芥川賞受賞。沖縄の歴史資料館で働く女性が主人公。イメージ豊かな感動作。
破 局 遠野  遥 芥川賞受賞。公務員試験の勉強に励む大学生、後輩との恋愛が破綻する顛末に
少年と犬 馳  星周 直木賞受賞。東日本大震災後、1匹の犬と人々の出会いと別れの連作短編集
十二人の手紙 井上 ひさし 著者没後10年。手紙だけが物語る笑いと哀しみの12の人生ドラマ
告 解 薬丸  岳 飲酒運転中に老女をひき逃げ懲役4年の大学生。心から笑える日が来るか

    

    

    

    

  

 

 

 

 

 

 

 

ロビー・学習室、団体利用について

202008_ロビー・学習室利用

ロビー・学習室の利用について(8月より)
・マスク着用、距離を開ける、飲食禁止(水分補給は可)でご利用いただけます。
・勉強、読書にご利用ください。(当面、囲碁・将棋・ゲームなどはできません)
・ロビーは椅子を移動しないで座ってください。(おしゃべりはできません)
・学習室は3名まで利用可となります。(机1台に1名)

団体利用について(8月より)
・音楽系、体操系の団体利用の幅がひろがりました。
・定期的に利用されている団体にはお伝えしておりますが、ご不明な団体はお問合せください。